認定連携事業の紹介

バードフレンドリー®認証コーヒープロジェクト

団体名 住商フーズ株式会社
連携主体 スミソニアン渡り鳥センター、カルディコーヒーファーム等流通企業等
地域 全国
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://bird-friendly-coffee.jp/

事業の概要


本プロジェクトは、森林を守りながら栽培されたバードフレンドリー®コーヒーを輸入・販売し、売上の一部を渡り鳥の研究・保護の為に寄付する取組です。このコーヒーを飲むことで、消費者は、気軽に生物多様性保全に貢献できます。

今後は、更なる同認証コーヒー周知の為、プロモーション・流通企業と連携したキャンペーン等を断続的に行う予定。また、コーヒー以外の作物についても調査が行われており、将来的にはカカオ等の作物で認証を見込んでおります。

図7

認定のポイント

多様な主体の連携:
研究機関、企業などのセクターが連携しています。
取組の重要性:
熱帯林伐採の原因に対処し、コーヒーという日常的な消費活動に生物多様性保全と、そのための資金拡大を同時に達成するユニークなアプローチによる取組です。
取組の広報の効果:
支援者(商品を選択する消費者)やパートナー企業の拡大、類似の取組が生じるなどの波及効果も期待できます。

back