認定連携事業の紹介

吉野川ひがたファンクラブ

団体名 とくしま自然観察の会
連携主体 地域の活動団体、NGO・NPO、県内外の専門家、民間会社、アウトドア企業、徳島市内小学校、徳島市教育委員会、農業、漁業関係者等
地域 徳島県
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL https://www.shiomaneki.net

事業の概要


本プロジェクトは、市民による環境調査や観察会、シオマネキの生息地のゴミ撤去等を継続的に実施することにより、吉野川河口域の生物多様性の維持・保全を図り、さらに、河口汽水域が、農業や漁業などの基盤として将来にわたって大切にされ、賢明に活用されるよう多くの人々の理解を高めることなど、吉野川への認識や気づきを促し、河口域のよさを次世代に伝えるための活動です。

今後は、干潟の生物や干潟清掃活動などの動画作成や上映、干潟を含む河口域保全への意識の向上を目指す知見・情報収集や発信などにより、ひがたファンクラブのメンバーを増やし、ネットワークを拡大していきます。

図6

認定のポイント

多様な主体の連携:
自治体、企業、教育機関、NGOなど多岐にわたるセクターが連携しています。
取組の重要性:
自然観察から、環境教育事業など幅広いプログラムを継続的に実施する取組であり、生物多様性保全に資する人材育成に寄与している事業です。
取組の広報の効果:
取組への参加者・支援者の拡大や、類似の活動の他地域への波及効果も期待できます。

back