推薦図書等の紹介

寄贈プログラムについて

未来の日本、世界を背負う子どもたちが、自然のしくみやつながりに感動したり、その大切さや人と自然のかかわりを楽しく学んで理解しながら育つことは、持続可能な社会づくりの基盤として最も大事なことのひとつです。

honbako_kizo01

国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)では、生物多様性の理解、普及啓発を推進するため、UNDB-J 推薦「子供向け図書」(愛称:「生物多様性の本箱」~みんなが生きものとつながる100 冊~)を選定し、全国各地へ寄贈する活動を行っています。

選定された推薦図書100 冊は幼児から小中学生までを対象とした絵本や図鑑、読み物や写真集が網羅され、大人が読んでもビジュアルでわかりやすい表現や、見えない世界を見せてくれる本ばかりです。子ども向けの図書ですが、世代を問わず生物多様性の理解促進につながる効果が期待できます。

全国で開催される読み聞かせ会や展示、貸出などの活用を行う施設や団体に寄贈するため、この「生物多様性の本箱」の特別寄贈寄付・協賛をする企業、団体を募集しています。

寄贈活動を支える一員として寄贈活動、
UNDB-Jの生物多様性普及活動にご賛同をお願いします。

<寄贈項目> 指定寄付額 指定協賛額(税別)
「生物多様性の本箱」 基本セット( 約100 冊+送料) 30 万円 30 万円
「生物多様性の本箱」 幼児~小学生絵本セット( 約70 冊+送料) 20 万円 20 万円
(オプション)寄贈元名入り木製プレート 5,000 円 5,000 円
(オプション)国産間伐材本棚 30,000 円~(税別)

 

honbako_kizo02 honbako_kizo03

icon-pdf 寄贈プログラムのご案内(みんなが生きものとつながる100冊一覧付き)(PDF/1.58KB)

お問い合わせ先

国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)事務局
(環境省自然環境局自然環境計画課 生物多様性主流化室)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
shizen-suishin@env.go.jp
UNDB-J Iki・Tomo 推進事務局
((公財)日本自然保護協会 UNDB-J 推薦図書担当)
undbj@nacsj.or.jp TEL:03-3553-4101
  

「生物多様性の本箱」寄贈活動一覧

寄贈者 寄贈先 寄付時期

経団連自然保護協議会
北海道札幌市
「札幌市環境プラザ」
2017年度

清水建設株式会社
富山県富山市
「大沢野小学校」
2017年度

エイピーピー・ジャパン株式会社
熊本県八代市
「自然観察くまもと」
2017年度

経団連自然保護協議会
新潟県十日町市
「十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ」
2016年度

経団連自然保護協議会
兵庫県三田市
「キッピー山のラボ 三田市有馬富士自然学習センター」
2016年度

経団連自然保護協議会
青森県六戸町
「六戸町立六戸小学校」
2015年度

経団連自然保護協議会
茨城県ひたち市
「ひたち海浜公園沢田湧水ネイチャーハウス」
2015年度

経団連自然保護協議会
福島県相馬市
「松川浦環境公園・NPO松川浦ふれあいサポート」
2014年度

経団連自然保護協議会
福島県福島市
「福島オヤコサロン ボヌール ド サクラ メルシィ」
2014年度

経団連自然保護協議会
岩手県宮古市
「浄土ヶ浜ビジターセンター」
2013年度

経団連自然保護協議会
宮城県七ヶ浜町
「森と海の楽好」
2013年度