国連生物多様性の10年日本委員会 UNDB-Jとは

ごあいさつ

国連生物多様性の10年日本委員会 委員長 榊原 定征

国連生物多様性の10年日本委員会では、「愛知目標」の実現のために、一人ひとりが自然や生きものに触れ、生物多様性を守り、その重要性を伝えていく活動に取り組んでいただけるよう心から願っております。当委員会といたしましても、多様なセクターの連携の下、生物多様性に関する普及啓発、保全の取組および持続可能な生物資源の利用の推進に向けたさまざまな活動を行ってまいります。皆様のご協力を宜しくお願いいたします。

国連生物多様性の10年日本委員会 委員長 榊原 定征
(一般社団法人 日本経済団体連合会 会長)

委員名簿

国連生物多様性の10年日本委員会
<委員長>
榊原 定征 一般社団法人 日本経済団体連合会 会長
<委員長代理>
涌井 史郎 東京都市大学 教授

学識経験者・有識者・文化人
(アイウエオ順)

  • 岩槻 邦男 東京大学 名誉教授
  • イルカ  国際自然保護連合(IUCN) 親善大使
  • 小菅 正夫 北海道大学 客員教授
  • 堂本 暁子 前千葉県知事、元IUCN 副会長
委員会の実施体制

関係団体

関係省庁

外務省文部科学省農林水産省経済産業省国土交通省環境省

後援団体

事務局

【全体事務局】
  • 環境省 自然環境局 自然環境計画課 生物多様性施策推進室
【Iki・Tomo推進事務局】
  「UNDB-J推進事業(愛称:Iki・Tomo推進事業)」/担当事務局(愛称:Iki・Tomo推進事務局)
  • 「生物多様性の本箱」寄贈プログラム、「生物多様性.com」/公益財団法人 日本自然保護協会(NACS-J)
  • 「連携事業の認定」/国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)
  • 「生物多様性アクション大賞」/一般社団法人 CEPAジャパン
  • 「グリーンウェイブ」/公益社団法人 国土緑化推進機構

UNDB-Jの事業の一部は、UNDB-J推進事業(愛称:Iki・Tomo推進事業)に位置づけられており、関係団体に担当事務局(愛称:Iki・Tomo推進事務局)を設置しています。事業の実施にあたっては、UNDB-J全体の事務局である環境省と連携しつつ実施します。

UNDB-Jサポーター

寄付企業・団体(平成27年度)