認定連携事業の紹介

貝殻を活用した里海保全活動~貝殻が海を救う!~

nintei12_kaigara3
団体名 貝殻利用研究会
連携主体 海洋建設株式会社、全国漁業協同組合連合会、県漁連・県漁協 等
地域 全国
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://kairikenn.blogspot.jp/

事業の概要


本プロジェクトは、海洋環境の再生・保全を目的とした事業です。廃棄貝殻を有効利用した技術の開発・普及による里海の保全および環境学習やレクリエーションを通じての啓蒙活動に取り組んでいます。また、国外(メキシコ)においても貝殻利用技術の普及を行っています。

今後も貝殻利用による里海保全活動の普及を目指し、漁業者らと一緒に研修会や環境学習等に積極的に取り組んでいきます。また、海洋水産資源の減少や貝殻処理が課題となっている地域があるため、国内外を問わず貝殻利用技術をさらに広げていきたいと考えています。

nintei12_kaigara1

nintei12_kaigara2

nintei12_kaigara3

 

認定のポイント

多様な主体の連携:
事業者、漁連・漁協等によって取り組まれている活動です。

取組の重要性:
廃棄される貝殻を活用して海生生物の生息空間を作り上げるなどの工夫がなされた生物多様性保全と持続可能な利用に効果の高い取組です。

取組の広報の効果:
広報することで、事業への参加者・協力者拡大などの効果が期待されます。

back