認定連携事業の紹介

生物多様性に配慮した森づくり(森林ESDの推進)

nintei11_SaveEarthFoundation_3
団体名 公益財団法人Save Earth Foundation
連携主体 地方自治体、教育機関、森林組合、NPO、地域の活動団体、民間企業等
地域 全国
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://save-earth.or.jp/service/forest

事業の概要


本プロジェクトでは、自然の恵み豊かな環境を子どもたちの未来へ繋げるために、生物多様性の保全に配慮した森林再生事業を実施しています。保全協定を結んでいる千葉県山武市(11ha)・長野県東御市(11ha)の市有林の他、いくつかの森林でも活動を実施しています。

今後は、 自然環境調査を基礎に、生態系の維持に配慮した中・長期保全計画を検討、近隣の有機栽培農場とも連携し、地域全体の自然環境保全に貢献します。また、教育機関、地元自治体や団体、企業等と連携し、森林ESDの推進に向けて、森林体験学習プログラムやイベント等も企画します。

nintei11_SaveEarthFoundation_1

nintei11_SaveEarthFoundation_2

認定のポイント

多様な主体の連携:
地方自治体、教育機関、森林組合、団体、企業(飲食業など)、地域NPOなどが連携する取組です。
取組の重要性:
計画的な森林保全活動、環境教育・普及啓発にくわえ、保全協定という活動の継続性を担保するなど取組へ工夫があり、生物多様性保全と持続可能な利用の高い効果が期待されます。
取組の広報の効果:
類似の取組が他の地域で展開されることや、食育・消費者教育などの多方面の人材育成に展開されることが期待されます。

back