認定連携事業の紹介

Come Back Goose -甦れシジュウカラガン!日本の空に-

2012-02_07
団体名 日本雁を保護する会
連携主体 仙台市八木山動物公園、ロシア科学アカデミーカムチャッカ太平洋地理学研究所、米国魚類野生生物局
地域 東北、海外
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://www.city.sendai.jp/kensetsu/yagiyama/sj_gan/

事業の概要


本プロジェクトは、毎年群れで渡来していたシジュウカラガンの羽数回復をめざし、米国魚類野生生物局の支援を得て、八木山動物公園、ロシア科学アカデミーと共同でアジアの群れ復元に1983年に着手しています。最近は羽数が漸増し、2012年度に初めて400羽を超えました。

今後は、群れの維持に最低限必要な1,000羽まで増えるよう、モニタリングとふゆみずたんぼ(冬期湛水水田)等の取組を通じて生息地の保全と復元を継続し、生物多様性の向上への貢献を目指します。

2012-02_07-01

認定のポイント

多様な主体の連携:
動物園、NPO、海外研究機関など、複数のセクターと連携しています。
取組の重要性:
かつては日本へ多数飛来していたシジュウカラガンの放鳥活動を、ふゆみずたんぼと組み合わせるなど効果的に行っており、生物多様性の保全に対して具体的な効果が期待されます。
取組の広報の効果:
ふゆみずたんぼへの協力農家の拡大など事業効果のさらなる向上が期待されるほか、他の地域でも同様の活動が行われるようになることが期待されます。

back