認定連携事業の紹介

みんなで守ろう!日本の希少生物種と豊かな自然!
SAVE JAPANプロジェクト

2012-01_07
団体名 損保ジャパン日本興亜
連携主体 認定NPO法人日本NPOセンター、各地のNPO支援センター、各地の環境保全団体
地域 全国
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://savejapan-pj.net/

事業の概要


本プロジェクトは、自動車保険のお客さまにWeb約款を選択頂くことにより、全国の環境NPO等に損保ジャパン日本興亜が寄付を行 い、地域のNPOセンターや環境団体、日本NPOセンターと共同で市民参加型の生物多様性の保全活動を行うものです。2011年度は12地域で34回の活 動を行い、2,000名以上の方にご参加頂きました。

今後は、CSRの重点課題の一つに「NPOなどとの協働を通じた持続可能な社会づくりへの貢献」というテーマを掲げていることを踏まえ、地域のNPOや市民と協働で実施する生物多様性の保全活動「SAVE JAPAN プロジェクト」を通じて地域に貢献していきます。

認定のポイント

多様な主体の連携:
事業者、日本NPOセンター、各地のNPO支援センター、地域のNPOなど多岐にわたるセクターが連携しているほか、全国各地で市民参加型の生物多様性の保全活動を行うなど広域性があります。
取組の重要性:
Web約款を利用した寄付活動を事業活動に組み込むなど継続実施できる仕組みが整備されているほか、多様な市民団体との連携により全国各地の生物多様性保護のために効果的な支援が行われています。
取組の広報の効果:
Web約款を利用した寄付活動という事業には先進性があり、新たな取り組みを誘発する波及効果が期待されます。

back