認定連携事業の紹介

ラムサールサポーターズ

ninteirenkeijigyo5_MSADramsar
団体名 MS&ADインシュアランスグループ
連携主体 環境保全財団、小学校、各地のNPO
地域 全国
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://www.ms-ad-hd.com/ramsar/

事業の概要


本プロジェクトは、ラムサール条約登録湿地等の水辺の生物多様性保全活動です。社員とその家族が参加し、外来種の駆除、清掃活動や生き物調査などを行っています。また、同条約は環境教育の推進が求められており、2013年度から、映像を組み合わせた45分間の出張授業を開始しました。

今後は、 活動する湿地や参加者数を増やしながら、出張授業を通じて、子どもたちにも活動の輪を広げていくことを目指します。今年度は、出張授業に活用する冊子および教育プログラムのインターネット上での提供をめざし、環境教育をより積極的に推進していきます。

▲集合写真

▲集合写真

認定のポイント

多様な主体の連携:
各地の湿地を保全するNGO、自治体や一部小学校などとの連携協働している事業です。
取組の重要性:
外来種対策など幅広い取組みによる、湿地に焦点を当てた生物多様性の保全と同時に、環境教育を通じ、 湿地の役割とその保全の重要性の理解や、賢明な利用の推進の効果が期待されます。
取組の広報の効果:
参加者の増加により事業効果のさらなる向上が期待されるほか、出張授業、ホームページ上での冊子や教育プログラムの提供により、他の主体でも同様の活動が行われるようになることが期待されます。

back