イベント情報

1月18日(水) 国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)地域フォーラムin仙台

img_2924
  • 地域セミナー
  • 開催予告
開催日時 平成29年1月18日(水)13:00~17:00
会場 TKPガーデンシティ仙台勾当台 ホール7
(仙台市青葉区国分町3丁目6番1号 仙台パークビル)
主催等 主催:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省
定員 100名
費用 無料
備考 参加申込方法:下記の「イベント申込フォーム」ボタンよりお申し込みください。
※定員になり次第ウェブサイトによる受付を終了しますので、ご注意ください。
問い合わせ・取材申込先:下記まで電話又はメールにてお問い合わせ下さい。
国連生物多様性の10年日本委員会事務局
(島田・新井)
電話:03-5468-8405 E-mail:info@undb.jp

内容

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省は、平成29年1月18日(水)に仙台市において、「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)地域フォーラムin仙台」を開催します。
2011年から2020年までの10年間は、国連が定めた「国連生物多様性の10年」とされ、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の主流化に向けた具体的な取組を行うこととなっています。

東北エリアで生物多様性の主流化に関する取組を行っている、あるいは行おうとしている団体又は個人が集まり、今後進めるべき取組を検討し、2020年に向けて決意を新たに活動を促進していけるよう、本フォーラムを開催します。ぜひ、ご参加ください。

プログラム(予定)

13:00~ <開会挨拶
○ 環境省 東北地方環境事務所長 坂川 勉

<来賓挨拶
○宮城県 環境生活部長 佐野 好昭氏
○仙台市 環境局長 小林 仁氏
13:10~  <講演>
「地域と生物多様性のこれから~東北から考える2020年への道すじ~」
東北大学大学院環境科学研究科教授 香坂 玲氏
14:00~  <UNDB-Jロードマップの説明>
環境省 生物多様性施策推進室長 西山 理行
14:15~ <事例発表>
東北の主産業、農業・漁業に係る取組事例発

① 企業の取組み

○ 株式会社仙台水産 専務取締役 石森 克文 氏

②民間団体の取組

○ 特定非営利活動法人 環境保全米ネットワーク 事務局次長  福澤 隼人 氏
○ 松島湾アマモ場再生会議 副会長 伊藤栄明氏

③自治体の取組
○ 大崎市産業経済部産業政策課 自然環境専門員 鈴木 耕平氏
15:15~    休憩
15:25~ ワークショップ
地域における生物多様性の主流化に向けた今後の取組や連携の可能性について意見交換を行います。
○ 進行:香坂 玲氏 / IUCN-J副会長・UNDB-J委員 道家 哲平氏
17:00 閉会

イベント申込フォームはこちら

back