参考ツール

事業者や自治体、団体など各セクターが、生物多様性に関する取り組みを進めるために役立つ資料や情報をまとめています。

ビジネスと生物多様性
企業の活動は生物多様性から恵みを受けて成り立ち、同時に生物多様性に影響を与えています。事業者が生物多様性に与える影響を最小限にとどめるとともに、新たな共生関係を創り出すために、企業の生物多様性指針の策定が求められています。

自治体と生物多様性
自然には地域ごとに個性があります。それぞれ地域の特性に応じた生物多様性の保全活動と持続可能な利用を推進する役割が地方公共団体には期待されています。

絞り込み条件

種別

発行元

生物多様性に関する民間参画に向けた日本の取組

minkansankaku
詳細サイトへ
(別ウィンドウで開きます)
  • ガイドブック
  • 環境省

環境省では、生物多様性分野における民間参画をとりまく動きについて紹介する冊子・リーフレット(日本語版・英語版)を作成しました。

生物多様性分野における民間参画においては、取組の主体となる事業者、その取りまとめ役となる事業者団体、取組を支援する国や地方公共団体など、様々な主体が関わっています。これらの主体の取組について、事業者の取組(第2章)、事業者の取組を促進する主な動き(第3章)、UNDB-Jビジネスセクターによる取組(第4章)の大きく3つの枠組みで紹介しています。

 

生物多様性民間参画ガイドライン

tool_02
詳細サイトへ
(別ウィンドウで開きます)
  • ガイドブック
  • 環境省

環境省では、生物多様性条約の民間参画に関する決議や、生物多様性基本法、第3次生物多様性国家戦略を踏まえ、国民の生物多様性に対する理解を深め、国、地方自治体、事業者、国民及び民間の団体といった多様な主体が参画・連携し、生物多様性に関する取組を推進するための施策を展開しており、本ガイドラインは、その一環となるものです。

企業が伝える生物多様性の恵み-環境教育の実践と可能性

生物多様性 コピー
詳細サイトへ
(別ウィンドウで開きます)
  • ガイドブック
  • 経団連自然保護協議会

企業は生物多様性や環境問題に無関係ではいられません。それは、企業イメージの向上だけでなく、ビジネスチャンスの拡大、企業の活性化、金融市場での高評価にもつながります。環境問題を考えるときに重要になるのが環境教育です。本書では、企業やNGOの活動、環境教育の内容を豊富な事例とともに具体的に紹介しました。また、生物多様性の意味、環境教育の論理的な裏づけをわかりやすく解説していますので、環境教育に着手したい企業、レベルアップをはかりたい企業に、新たな分野開拓に一歩を踏み出す勇気を与えてくれます。企業の環境・CSR担当者、NGO等に実際に役立つ環境教育の手引き書です。

経団連生物多様性宣言 行動指針とその手引き

tool_03
PDF:688KB
  • ガイドブック
  • 経団連自然保護協議会

日本経団連が、2009年春に発表した、「日本経団連生物多様性宣言」では、企業が生物多様性に取り組むにあたっての原則と指針を、生物多様性宣言とその行動指針、さらに各行動指針の「ねらい」、「留意点」、「活動事例」としてわかりやすく記載しています。経団連自然保護協議会では、生物多様性宣言の趣旨に賛同し、生物多様性の保全と持続可能な利用などに資する活動を行うことを宣言する企業を募集し、「経団連生物多様性宣言」推進パートナーズとして登録の募集を行っています。

生物多様性地域戦略ガイドブック

tool_04
詳細サイトへ
(別ウィンドウで開きます)
  • ガイドブック
  • 日本自然保護協会

わたしたちの暮らしの基盤であり、暮らしを豊かにするために欠かせない生物多様性の保全には、国家戦略だけでなく現場に近い地域の自治体の役割がとても重要です。都道府県や政令都市では、すでに地域戦略づくりが独自に始められています。
しかし、「重要とはわかっているけど、どこから手をつけたらいいのかわからない」という自治体も多く、日本自然保護協会には「どうすれば地域に役立つ戦略になるのかヒントや事例を知りたい」というご相談も寄せられています。
地域戦略の形は地域ごとに異なっても、つくる過程や運用上、気を付けたいことには共通のポイントがあります。そこで、日本自然保護協会では、ポイントを整理し策定段階ごとの役立つ事例をまとめたガイドブック『ココからはじめる生物多様性地域戦略~市民と育てる、暮らしと自然の未来像』(全30ページ)を作成しました。

生物多様性地域戦略 地方自治体・実践事例集

kokosen3
詳細サイトへ
(別ウィンドウで開きます)
  • ガイドブック
  • 日本自然保護協会

生物多様性地域戦略は、地域の生物多様性を大切にして、それを活かすことで、魅力あるまちづくりをするための指針となるものです。企業やNPOの団体などで取り組んでいるところもあります。地域の自然や生物多様性は、地域ごとに異なり、そこに住む人との関係も地域ごとに異なあるため、、戦略は地域に合わせて個性的になるものです。すでにつくられた地域戦略の中には、とても個性的で魅力的なものが見られますが、個性的な地域戦略はどうやったらつくることができたのでしょうか。
そのヒントを得るためにこの実践事例集は、自治体職員の戦略づくりに役立つヒントやアイディアを盛り込み、地域の住民にも、戦略づくりにかかわる行政の考え方や仕事の進め方を知ることで、よりよい戦略づくりの役に立つよう作成されました(全36ページ)。

地域連携保全活動計画作成の手引き

sokushintebiki
詳細サイトへ
(別ウィンドウで開きます)
  • ガイドブック
  • 環境省

多様な主体が連携した生物多様性の保全のための活動を実施されている、あるいはこれから始めようとされている市町村や日本各地のNPO/NGO、市民団体等の皆さんの参考になるよう、「地域連携保全活動計画」の作成手順や、その際の留意事項等をとりまとめた手引きです。