イベント情報

UNDB-J生物多様性地域セミナー in 富山(開催報告)

repo_20130810_01
  • 地域セミナー
  • 開催報告
開催日時 2013年8月10日(土) 13:00~16:30(開場12:30)
会場 富山国際会議場 2階特別会議室(富山市大手町1番2号)
主催等 主催:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省、富山県 共催:生物多様性自治体ネットワーク
定員
費用
備考

UNDB-J生物多様性地域セミナー in 富山 の開催結果について

repo_20130810_02国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省及び富山県は、8月10日(土)に富山県富山市において、市民、企業、NPO/NGO及び自治体の方々を対象に、「生物多様性地域セミナーin富山 ~富山県生物多様性シンポジウム~」を開催しました。
UNDB-Jキャラクター「タヨちゃんサトくん」と元気とやまマスコット「きときと君」による「生物多様性キャラクター応援団共同宣言式」、地球いきもの応援団の一人であり生物多様性リーダーでもあるルー大柴さんの講演のほか、愛知目標の達成に向けた地域での活動についてパネルディスカッションを行いました。また、「MY行動宣言 5つのアクション」を活用して参加者同士が意見交換を行うワークショップを実施しました。
今後、同セミナーは愛媛県(12月)での開催を予定しています。

概要

日時 2013年8月10日(土) 13:00~16:30(開場12:30)
会場 富山国際会議場 2階特別会議室
(富山市大手町1 番2号)
主催等 主催:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省、富山県
共催:生物多様性自治体ネットワーク
出席者数 約110名

1. 開会挨拶

repo_20130810_03
環境省 長野自然環境事務所長
牛場 雅己 氏
repo_20130810_04
UNDB-J委員・公益財団法人日本動物園水族館協会 会長
山本 茂行 氏
repo_20130810_05
富山県 理事・生活環境文化部次長
小野 洋 氏

2. 式典:(1)生物多様性キャラクター応援団共同宣言式

repo_20130810_06

UNDB-Jキャラクター「タヨちゃん サトくん」
元気とやまマスコット「きときと君」
UNDB-Jキャラクター「タヨちゃんサトくん」と元気とやまマスコット「きときと君」が、今後協力して生物多様性に関する普及啓発に取り組むため「生物多様性キャラクター応援団共同宣言」を行いました。

2. 式典:(2)MY行動宣言デモンストレーション

repo_20130810_07
repo_20130810_08

ルー大柴さんと、UNDB-Jキャラクター「タヨちゃんサトくん」、元気とやまマスコット「きときと君」が、生物多様性に関する自らの行動を宣言する「MY行動宣言」のデモンストレーションを行いました。あわせて、本セミナー参加者にも、「MY行動宣言」を実施していただきました。

3. 講演 「身近な生き物とトゥギャザーしよう!」

repo_20130810_09
repo_20130810_10

ルー大柴さんから、身近な自然の中で出会えるドジョウやメダカ、サワガニなどとのふれあいとその魅力について、また近くの公園などで行っている清掃活動についてお話いただきました。最後にNHKみんなのうたでおなじみの「MOTTAINAI」を参加者と一緒に歌って盛り上げていただきました。

4. 発表 UNDB-Jの活動状況と生物多様性をめぐる最近の話題

repo_20130810_11

環境省 自然環境計画課
生物多様性施策推進室 環境専門員
宮崎 公輔 氏
UNDB-Jが推奨する連携事業の認定、子供向け推薦図書「生物多様性の本箱」の選定などUNDB-Jの活動状況のほか、生物多様性をめぐる最近の話題について紹介しました。

5. パネルディスカッション 「再発見!身近な自然と人とのつながり」

repo_20130810_12

(パネリスト)
富山県ナチュラリスト協会 顧問 泉 治夫 氏
魚津水族館 館長 稲村 修 氏
富山県中央植物園 企画情報課長 神戸 敏成 氏
(コーディネーター)
日経BP社 環境経営フォーラム 生物多様性プロデューサー
/日経エコロジー記者 藤田 香 氏

始めに、稲村氏より富山県の自然環境の特徴と水生生物の現状について、神戸氏より生物多様性の保全と植物園の役割について、泉氏より氷見市沖にある虻が島の自然と小学生による環境学習の取組について発表があり、藤田氏からは企業による生物多様性の取組について紹介されました。
続いて、富山県の「生物多様性地域戦略」を策定していくために、富山ならではの素晴らしさや守るべきものは何か、取組を進めていくための課題などについてお話され、元々富山にあった自然、生態系を知り、「保全する=守る+活用すること」などの意見がありました。
パネルディスカッション終了後、UNDB-J委員の山本氏から、次世代を担う子どもたちが川や自然にもっと触れ合える環境を整えることが必要といったコメントがありました。

6. ワークショップ(テーマ:MY行動宣言 ~生物多様性を守るために、私たちにできること~)

repo_20130810_13
repo_20130810_14
repo_20130810_15

ファシリテーター
日経BP社 環境経営フォーラム
生物多様性プロデューサー/日経エコロジー記者
藤田 香 氏

「MY行動宣言」の5つのアクション(たべよう、ふれよう、つたえよう、まもろう、えらぼう)ごとにグループに分かれ、そのアクションに関して一人ひとりができること、さらにそれを地域や周囲の人に広げていくための方法を具体的に話し合いました。

UNDB-J推薦子供向け図書「生物多様性の本箱」の展示

repo_20130810_16

セミナーの会場では、UNDB-J推薦子供向け図書「生物多様性の本箱」の展示を行いました。

back