イベント情報

10月20日(木)UNDB-J 第6回生物多様性全国ミーティング&生物多様性自治体ネットワークフォーラムin岐阜

zenkoku_gifu1
  • 全国ミーティング
  • 開催予告
開催日時 2016年10月20日(木)13:00~16:30
(開場12:30)
会場 ぎふ清流文化プラザ 長良川ホール
(岐阜県岐阜市学園町3-42)
主催等 主催:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省、岐阜県
共催:生物多様性自治体ネットワーク
定員 400名
費用 無料
備考 参加申し込み:下記のイベント申込フォームボタンより 、お申し込みください。

※申込フォームが表示されない場合は、件名を「第6回全国ミーティング 参加申込」とし、
下記事務局までメールにて、氏名、ふりがな、(所属)、メールアドレス、(電話番号)をお送りください。
※問い合わせ、または取材を希望される場合も、 下記事務局まで電話又はメールにてお問い合わせください。

★参加申込みは締め切りました。

国連生物多様性の10年日本委員会事務局
(島田・新井)

TEL:03-5468-8405
E-mail:info@undb.jp

開催主旨/案内チラシ

「国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)」と環境省は、10月20日(木)に岐阜県岐阜市において、「第6回生物多様性全国ミーティング」を開催します。本ミーティングは、国民の皆様に生物多様性の保全と持続可能な利用について理解を深め、行動につなげていただくことを目的に2011年より開催しています。本年は、岐阜県が主催する「生物多様性自治体ネットワークフォーラム」と一体的に実施します。

 

内容

○元旭山動物園園長で札幌市円山動物園参与である小菅正夫氏による講演を行います。
○UNDB-J キャラクター「タヨちゃんサトくん」と岐阜県キャラクター「ミナモ」による「生物多様性キャラクター応援団共同宣言式」を行います。
○委員会が推奨する認定連携事業の表彰、生物多様性アクション大賞の発表を行います。
○開催地である岐阜県における生物多様性の取組みの発表や、生物多様性をテーマとしたパネルディスカッション等を実施します。

内容(予定)

13:00~ <開会挨拶>
・環境省
・岐阜県知事 古田 肇 氏
・UNDB-J 委員長代理 涌井 史郎 氏
13:15~ 生物多様性キャラクター応援団共同宣言式
UNDB-J「タヨちゃんサトくん」
岐阜県「ミナモ」
13:25~ <講演>
北海道大学客員教授/元旭山動物園園長/札幌市円山動物園参与
小菅 正夫 氏
14:05~ <UNDB-J認定連携事業 第8弾、第9弾 表彰式>
UNDB-J委員長代理 涌井 史郎 氏
14:20~ <生物多様性アクション大賞発表>
CEPAジャパン代表 川廷 昌弘 氏
14:30~ <UNDB-Jロードマップについての報告>
環境省 自然環境局 自然環境計画課 生物多様性施策推進室長 西山 理行
14:40~ 休憩
14:55~ <事例発表>
「清流の国ぎふにおける生物多様性の取組みについて」
長良川流域の自然の恵みと伝統文化の継承~鵜飼、和傘~

・岐阜県立森林文化アカデミー 准教授 久津輪 雅 氏
・小瀬鵜飼鵜匠 足立 陽一郎 氏
・和傘職人 高橋 美紀 氏
15:40~ <パネルディスカッション>
「地域の生物多様性(自然)の恵みを活かした生活・文化のために」
コーディネーター
CEPAジャパン 代表 川廷 昌弘 氏
パネリスト
・岐阜県立森林文化アカデミー 准教授 久津輪 雅 氏
・労働金庫連合会 総合企画部長 安孫子 勝広 氏
(UNDB-J認定連携事業「ろうきん森の学校」取組団体)
・特定非営利活動法人加茂女 曽我 千代子 氏
(生物多様性アクション大賞2015「竹を食べて放置竹林をなくす」取組団体)
・環境省 自然環境局 自然環境計画課 生物多様性施策推進室長 西山 理行
16:25 <閉会挨拶>
次期開催自治体代表

back