UNDB-Jの活動について

Interview:地球いきもの応援団

草野 満代(くさの みつよ)フリーアナウンサー

草野 満代(くさの みつよ)


生物多様性について社会がやらなければいけないこと。

すべてにおいて経済優先という運営を見直すこと。
長く、ともに、生きていくという意識を、育てること。

個人ができること。

ものすごくたくさんあるのだけど。ありすぎるゆえに
見つけられずにいる人が多いのでしょうか。

半径5メートルの生物多様性をそれぞれが意識して
見渡してみること。

取り組んでいること。

歳を重ねて、身の丈の和の暮らしを楽しめるようになりました。

私の故郷は、古くからヒノキの産地です。里山の暮らしが当たり前にあった
時代はもうありませんが、時折、森に還って、その恵みを肌で感じることに
しています。
何が大切で、何を護らなければいけないのか、そこにこれからの自分の暮らしの
指針も見えてくるのです。

一度は、都会をめざし、体も心も離れた故郷ですが、
今、その営みをようやく愛おしく思えるようになりました。

back