認定連携事業の紹介

田んぼ生きもの賑わいプロジェクト

nintei14_kounotori_1
団体名 鴻巣こうのとりを育む会
連携主体 コウノトリを育むモデル水田づくりプロジェクト実行委員会、関東エコロジカルネットワーク推進協議会
地域 埼玉県
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://blogs.yahoo.co.jp/imokounotori

事業の概要


本プロジェクトは、田んぼ生き物の賑わいを再生するため、ビオトープの設置や魚道の設置を行い、無農薬・有機栽培を容易とする「ふゆみずたんぼ」も実施します。このようなモデル水田耕作を行うことにより、環境保全型農業の普及と生物多様性を目指す事業です。

今後は、 年間をとおして市民や子ども達と一緒に、田んぼ生き物の動向調査を実施し、専門家の指導を仰ぎながら生き物個体数の把握を行います。また、高齢化により、未耕作地が増大する傾向にあり、このような田んぼは、「なつみずたんぼ」として水を張り生き物の賑わいに努めていきます。

nintei14_kounotori_1 nintei14_kounotori_3

 

 

 

 

認定のポイント

多様な主体の連携:
地域農家、NGO、行政など多岐にわたるセクターが連携しています。
取組の重要性:
コウノトリをシンボルにした生き物豊かな田んぼ再生事業と環境教育事業、他地域との連携を進めることで、生物多様性保全と持続可能な利用の推進に貢献する取組です。

取組の広報の効果:
生物多様性配慮型農業の推進、市民参加型事業の拡大、新たな取組の誘発など総合的な効果が期待されるほか、類似の活動の他地域への波及効果も期待できます。

back