認定連携事業の紹介

身近な自然に親しみ、環境保全の喜びを! 幅広い世代との交流を!

nintei11_fujisawa02
団体名 藤沢 自然と親しむ会
連携主体 神奈川県植物誌調査会 藤沢グループ、藤沢グリーンスタッフの会、石川丸山谷戸援農クラブ、里地里山景観と農業の再生プロジェクト、神奈川県自然保護協会、モース研究会、日本大学生物資源科学部 くらしの生物学科、神奈川県公園協会 境川遊水地公園
地域 関東
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://fujisawasizen.jugem.jp/

事業の概要


本プロジェクトは、湘南・藤沢の自然にふれ、その自然観察を通じて、環境・歴史・文化などを再認識し、次世代へ向けて 自然環境保全と地域社会の発展に取り組む活動を行っています。実際にその地に生息する生物を確認し、また同時に外来種の存在を知り駆除活動を行っています。

今後は、より幅広くこの活動を広げて、海から川に遡上する生物なども観察し、生物多様性への視野を広げ、次世代を担う子どもたちの生物・科学の興味が広がるように研究発表の機会を充実させていきます。また、地元の食育につながる活動も行っていきたいと考えています。

nintei11_fujisawa01

nintei11_fujisawa02

認定のポイント

多様な主体の連携:
県内のNPO、農家や博物館、市民、企業、自治体が連携した取組です。
取組の重要性:
地域住民を巻き込む形で環境教育、外来種対策、普及啓発などを総合的に実施しており、保全や持続可能な利用への意識向上が期待される。
取組の広報の効果:
他の地域においても同様な活動の波及が期待されるほか、また活動への協力団体の拡大が期待される。

back