認定連携事業の紹介

ウミガメ類の生態調査・生息環境保全プロジェクト

2012-01_06
団体名 NPO法人日本ウミガメ協議会
連携主体 市民、大学、漁業組合
地域 全国
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://www.umigame.org/

事業の概要


本プロジェクトは、北太平洋で最も重要な繁殖場の一つである日本において、産卵巣数、孵化率、死亡漂着数、その他の生物学的な調査研究からウミガメ類の生態を明らかにし、効果的な保全策を実施・提案することで、その生息環境を残していくものです。

ウミガメ類は保全活動の効果が表れるまでには時間がかかり、個体数の指標となる産卵巣数の増減を長期的にモニタリングを続けることが必要です。今後とも、地道な活動を続ける多くの市民との協力関係の強化、協力者の拡大を図るとともに、調査研究の質をさらに高めていきます。

認定のポイント

多様な主体の連携:
大学・水族館等とも協働しつつ、全国各地の海に関わる市民やサーファーなど、多岐にわたるセクターが連携しています。
取組の重要性:
ウミガメの産卵地である砂浜の保全に向けた活動や、生態の分かっていない海中での調査などの活動は、生物多様性の保全に対して具体的な効果が期待されます。
取組の広報の効果:
調査員が増加することにより市民参加型調査の効果のさらなる向上が期待されます。

back