認定連携事業の紹介

松山市北条地域の生物多様性を支える ~トコロジスト育成と農地保全・交流人口拡大プロジェクト

nintei7_morikara01
団体名 森からつづく道
連携主体 松山市、地元のNPO・企業・まちづくり協議会、(公財)日本野鳥の会
地域 四国
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://morimichi.org/

事業の概要


本プロジェクトは、多様な自然環境が連なる北条地域の生物多様性を引き継いでいくことを目的に、一定のフィールドを熟知し愛着を持つ人=トコロジスト育成の勉強会・観察会を行うとともに、情報発信が進むように活動拠点の整備を検討します。また、同地域の自然と産物への関心を高め、多様な生物を育む里地の維持につなげるために、地域資源を巡るツアーならびに循環型農業見学会を行います。

今後は、 北条地域の各地区において、身近な自然の中で行う小規模な観察会を継続的に企画し、トコロジストの定着化を図ります。また、里地の現状や保全に関心を喚起するために、収穫体験や勉強会の機会を設けます。

nintei7_morikara01

認定のポイント

多様な主体の連携:
自治体や市民などと連携協働している事業で、地域における活動推進を促進する効果が期待される取組みです。
取組の重要性:
地域の魅力と取り組みの担い手作りに焦点をあてた環境教育の推進と、その地域興しともつなげた生物多様性保全への取り組みの効果が期待されます。
取組の広報の効果:
従来の専門分野を越えたその場所の専門家(=トコロジスト)という発想を地域で展開する取り組みとして他地域での同様の活動の波及が期待されます。

back