認定連携事業の紹介

無印良品キャンプ場 『過剰なサービスは省きましたが、自然は豊かです』

ninteirenkeijigyo4_ryohinkeikaku1
団体名 株式会社良品計画
連携主体 NPO、自治体、大学、地元関係団体
地域 関東、中部
関連する
愛知目標

※アイコンをクリックすると詳細が確認できます。
URL http://www.muji.net/camp/

事業の概要


本プロジェクトは、「そのままの自然を、そのまま楽しむ」というコンセプトの元、それまでにあったその土地の豊かな自然を守りながらしっかりと今に伝え、訪れる人が快適かつ安全にアウトドアを楽しむことができる場所として存在しています。

今後は、今まで以上に、それぞれのキャンプ場の自然環境や特性を生かし、地域の人たちと一緒になって、からだ全体で大自然を感じることができたり、昔の人たちの知恵(文化)を深く伝えられるような「アウトドア教室」を開催し、特別な時間を過ごせる場所となるようにします。

ninteirenkeijigyo4_ryohinkeikaku2 ninteirenkeijigyo4_ryohinkeikaku3

認定のポイント

多様な主体の連携:
事業者、NPO、自治体、大学、地元関係団体など、多岐にわたるセクターが連携しているとともに、活動が複数の県にまたがるなど広域性があります。
取組の重要性:
子どもたちの自然体験により生物多様性への理解向上が図られるなど、生物多様性に関する環境教育への具体的な効果が期待されます。
取組の広報の効果:
参加者の増加により事業効果のさらなる向上が期待されるほか、自然体験を通じた生物多様性への理解向上の取組事例として、他の地域でも同様の活動が行われるようになることが期待されます。

back